Snapchatでこっそり保存しようとスクショを撮ったら相手にバレちゃう

20140123_5
送った写真や動画が10秒以内で消えてしまう消滅系アプリ「Snapchat(スナップチャット)」。アメリカでは大ブレイクしてるんだけど、日本ではイマイチ盛り上がってないような。mixiが「muuk」、リクルートは「SeeSaw(シーソー)」など、中国もびっくりの丸パクリアプリをリリースしてきたけど、鳴かず飛ばずの状況にみえる。でも個人的にはスナチャは好きなんですがね。

さてそのスナチャで、ある衝撃の体験をしてしまいました。きっと同じことをやっている人がいるだろうと、注意喚起の記事を書きます。

二度と見れない画像だから保存したくなるよねぇ

あるかわい子ちゃんからSnapchatでビデオが届きました。

Snapchatを知らない方のために簡単に解説を。特定の相手に画像や動画を送ることができて、ボタンを押している間だけ見ることができます。見れるチャンスは1回だけ!(設定によっては2回見れます。)一度見てしまったものは、二度と見ることができません。まさに消滅系SNS!

「ビデオで送ってくるってことは、さぞ素晴らしいものに違いない。」そう思った私は、「スクリーンショットで保存したらいいじゃん!」と思いついたわけです。

ボタンを押しながらスクショを撮らないといけないという、高度な作業が必要なため、このような体勢で構えました。

20140425_1
(補足ですが、この体勢を作るのまじで大変です。後から「机の上に置いてやれば良かったじゃん!」と思ったんですがね笑)

ビデオが送られてきたので、連写で4枚ほどスクショ撮影に成功しました!

すると、相手から「さっきの動画、スクショを撮らなかった?」とメッセージがきました。

「な、なんでバレたんだ?!」

「しかも4枚撮らなかったぁ?」

「え、えーーーー!!!!、、、、、、」

本当に絶句でございます。

早速Google先生に問い合わせたところ、このようなことが書いてありました。

→ 10秒以内に消滅する写真を送れるアプリ「Snapchat」を使ってみました – GIGAZINE

IMG_0760_m

ちなみに、相手が写真を見ただけではなく、スクリーンショットを撮って保存したこともこのように通知されます。

こんな完璧にガードする機能を搭載しているとは!恐るべしスナチャ!

二度と見れないと思うと、思わず保存をしたくなるのが、人間の性ってもんです。

今回は早期発見で笑い事で済んだからいいものの、嫌われるどころか変態認定される事態に陥ります。

Snapchatをご使用される場合は、頭に入れておきましょう。

  • ▼本州の端っこのド田舎で、サイトを作ったり、色んなデザインしたり、映像作ったりのお仕事をしちょります。比較的真面目な前のブログはこちらから。

    ▼Twitterアカウントから「ブルマン」と呼ばれ→前ブログ「ブルマンぶるぶる」と命名→このブログが「BMBB.JP」になりました。(わかりづらい)

    ▼ブログの内容はあっちこっちに飛びます。誤字脱字、乱文など多発すると思いますが、長い目で育ててやってください。


    follow us in feedly
  • [showrss]
PAGE TOP ↑