顔出しパネルがアツい!ソーシャルメディア時代の今こそ観光地必須のアイテム!

20140617_27
観光地に行くと、全身のイラストと顔だけ穴が開いて記念写真を撮る「顔出しパネル」(顔出し看板、顔抜きパネルともいうらしい)をよく見かけます。あまりにベタすぎて、撮るのも若干恥ずかしかったりしますが、最近はそうでもないよう。

上記は今や大相撲人気の牽引役の遠藤関の顔出しパネル。これが大人気で、撮るのに行列まで出来てるという話です。確かに遠藤関にお姫様抱っこされたら、女子はキュンキュンきちゃうんだろうね。

今回は大人もハマっている顔出しパネル、なぜ人気が出てきたんだろを考えてみます。

最近テレビでも取り上げ始めてる

ソーシャルメディア時代だからこそ、観光地には必須のアイテムなのか?!

なぜ顔出しパネルが最近人気なのかを考えてみる。

  • 全身まで写真には映らない、顔だけで済んじゃう。体型が気になる女性心理にフィットしてる?
  • 古臭くて、とてもイケてるといえないパネルも多い。ゆるキャラブームじゃないが、逆にそれが良かったりするのか。
  • 変顔でお茶目な自分をアピールしやすい。
  • 観光地で撮影するなら、撮影地などが入ってるパネルだとどこで撮ったのか一目瞭然。

もはやレトロとも思えるこのアイテムが人気になったは、ソーシャルメディア時代の今だからこそじゃないかな。自分が撮ったものを、家族や友達にネットを介して簡単に見せることが出来る。

逆に今だからこそ、観光地にとっては必須のアイテムかもしれない。制作費もそんなにべら棒にかからない。折角ソーシャルにアップをしてもらうのなら、ハッシュタグをうまく活用して、アップされる写真を追いかける方法を考えてもいい。写真コンテストなどもやり易いし、アイデア次第でどうにでもなるね。

観光地の担当者の皆さん、ぜひいかがでしょうか?

「顔出しパネル」Google+コミュニティが熱い

Google+コミュニティに「顔出しパネル」のコミュが存在してます。このコミュニティの管理人さんは、上記のYouTubeにも登場されている。参加しているメンバー同士で、全国各地にある顔出しパネルを撮ってはアップされているみたい。興味のある方はぜひ!


全国の顔出しパネルを集めたサイト「カオパネ探検隊」

20140617_21
→ カオパネ探検隊

全国の顔出しパネルを集めたサイト「カオパネ探検隊」というサイトまで存在してます。都道府県別や、スタイル・顔の枠数別などで分類されています。しかし、全国には色んなパネルがあるもんだ。

気になった顔出しパネルをいくつか

20140617_22

▲リアルすぎてちょっと引く(笑)

→ 竜ヶ岩洞 発掘風景 – カオパネ探検隊

20140617_23

▲これはぜひとも入ってみたい!

→ ワールドカップ日本代表2010 – カオパネ探検隊

20140617_24

▲ススキノにあるらしいが、酔っぱらってたら確実に入る

→ バニーガール – カオパネ探検隊

20140617_25

▲写る人の顔はほぼアレだろうね

→ 紅白連続出演演歌歌手 水森かおりさんの顔出しパネルその1 – カオパネ探検隊

20140617_26

▲もうパネルの域を越えてる

→ 熊本城の加藤清正(立体) – カオパネ探検隊

参考サイト

→ 「板に穴があいただけ」だが……大人もハマる「顔出し看板」 ファンサイトやイベントも 背景に変身願望? (1/3) – ITmedia ニュース


  • ▼本州の端っこのド田舎で、サイトを作ったり、色んなデザインしたり、映像作ったりのお仕事をしちょります。比較的真面目な前のブログはこちらから。

    ▼Twitterアカウントから「ブルマン」と呼ばれ→前ブログ「ブルマンぶるぶる」と命名→このブログが「BMBB.JP」になりました。(わかりづらい)

    ▼ブログの内容はあっちこっちに飛びます。誤字脱字、乱文など多発すると思いますが、長い目で育ててやってください。


    follow us in feedly
  • [showrss]
PAGE TOP ↑