上位表示され始めた「楽天ソーシャルニュース」にブログ記事を流しこんでおく

20140617_1
すっかりワールドカップ関連の記事ばかりになって、さながらソッチ系のサイトになりつつありますが。当ブログはWeb全般やソーシャルメディアのことが一応メインであります(笑)

さて今日書くのは「楽天Social News」というキュレーションサービスのこと。(楽天というより、買収されたInfoseekがやっている印象が強いですけど。)このサービスが開始されたのが2011年頃らしく、昔から存在だけは知っていた。しかしここ最近、この「楽天ソーシャルニュース」が検索の上位にくる現象をいくつかみています。Googleのページランクは「6」もついてるし、ひょっとして無視できない存在かも?!

「楽天ソーシャルニュース」(以下、楽天SN)が使えるものなのか、考察してみます。

「シェア」と「ディベート」の選択できるキュレーションサービス

使ったことがなかったので、とりあえずやってみた。

→ 楽天Social News:あなたの意見が世論を動かす – 楽天Social News (ソーシャルニュース)

ログインにはFacebook、Twitter、楽天アカウントでログインができる。

20140617_2

ログインすると、いま楽天SNで投稿されたものが表示する「タイムライン」が表示する。自分がお気に入りに入れた「お気に入り」と、自分が入れていったフィードが読める「RSSリーダー」のタブがある。

20140617_3

投稿する場合は、記事URLを放りこめばサムネイルなどを表示してくれる。投稿先のテーマやタグ、自分のコメントなどを入れて投稿。ちなみに上記は「ディベート」投稿の画面。(楽天SN上で議論が出来る友達もいないので、ディベート投稿は試していません。)

20140617_4

投稿されるとこんな感じで表示される。左に「いいね!」のボタンがあるが、この数が多ければ上位で表示される可能性があるみたい。

20140617_5

個人のプロフィール画面は大きなリニューアルがあったようです。

→ 楽天Social News 新機能リリースのお知らせ | 楽天SocialNews公式ブログ – 楽天ブログ

1200px × 700pxの巨大なプロフィール画像が配置可能。また「ソーシャル」という箇所で各ソーシャルメディアのリンクを追加できるみたい。

「楽天ソーシャルニュース」は使えるのか?

20140617_6
さて、ブログのアクセスアップに楽天SNが使えるのかどうかですが。上記は「今週のニュースランキング」という箇所から、1週間のPVランキングを表示させたもの。1位で3万PVあるのでそこそこあるなと思ったが、このトップの方を見てみると楽天SN内でフォロワーがほとんどいない。おそらくこの投稿をTwitterかFacebookで拡散させたことによる可能性が高い。ブログへの集客を図りたいのに、その行為自体は本末転倒になる。

類似のサービスで以前やっていたのが「ONETOPI」。

→ ONETOPI – キュレーションサービス

こちらも楽天SNと全く同じキュレーションサービスだけど、これも閲覧数を増やすためにはONETOPI内でフォロワーを獲得しないといけない。楽天SNやONETOPIでファンを獲得したい人にはいいが、ブログへのアクセスアップをしたい人に効果があるかは微妙。

ONETOPIにブログの記事を流しても、Google検索した際にそれが上位に表示する例はあまりなかった。しかし楽天SNの場合は、最近よくみかける。楽天SNにブログの記事を流して、直接的な効果はないに等しいにしても、被リンクの効果は若干あるかもしれない。

どうせ無料サービスなんだし、これから楽天SNにも記事を流しておこうかな、と思ったお話でした。(たぶん飽きると思うけどね笑)


  • ▼本州の端っこのド田舎で、サイトを作ったり、色んなデザインしたり、映像作ったりのお仕事をしちょります。比較的真面目な前のブログはこちらから。

    ▼Twitterアカウントから「ブルマン」と呼ばれ→前ブログ「ブルマンぶるぶる」と命名→このブログが「BMBB.JP」になりました。(わかりづらい)

    ▼ブログの内容はあっちこっちに飛びます。誤字脱字、乱文など多発すると思いますが、長い目で育ててやってください。


    follow us in feedly
  • [showrss]
PAGE TOP ↑