「iTunes Match」が日本でもスタート!でも万人にうけるサービスじゃない

公開日: : [C] 音楽| [T] , , , , , ,

20140502_6
2014年5月2日早朝、米国では2011年よりサービスを開始していた「iTunes Match」が日本でも突如サービスを開始しました。

→ Apple – iTunes – iTunes Match

「iTunes Matchを使えば、CDから読み込んだ曲も含め、あなたが持つすべでの音楽をiCloudに保存できます。つまり、どこにいても、どのデバイス上でも、あなたのミュージックライブラリ全体にアクセスして楽しめる、というわけです。」このキャッチがすべで物語ってるように、こういうサービスです。

個人的には、このサービスが始まったので、すべでのデバイスをMacに変えるほど待ち望んでいたサービス。ネット上では軽く「iTune Match」祭りになってる。

しかし、すぐに飛びつくのは早い。誰でもが恩恵を受けるサービスではないかもしれません。

ようやく日本上陸、そして若干割高

アメリカでは2011年11月14日からこのサービスをスタートしている。日本では2年半遅れて開始となったわけだ。しかもアメリカは年間25ドル(約2550円)なのに対し、日本では年間3,980円。

そしてこの2年半の間に音楽サービスを取り巻く環境は大きく変わった。若干いまさら感があるのは否めないね。

iCloudの容量は関係ない、iTunes Macthは別

iCloudの無料容量は5GBなので、こりゃすぐに一杯になるなと思っていたら、iTunes Matchの容量は別らしい。

25000曲までも曲はアップロードが可能というらしい。

1曲が5MBあるとすると、25000曲で125GB。125GBで年間4000円と考えれば、そんなに高くはないけどね。

ストリーミングとダウンロードが可能

一度iTunesMatchにアップロードが完了すると、どのデバイスからもそれが再生できるのが最大のうり。その再生方法はネット上でストリーミング再生する方法と、ダウンロードしてローカルで再生する方法の2つある。

ストリーミング再生すると当然パケットを食います。データ通信料には十分ご注意を。

25000曲を超えているとエラー表示

iTunesのライブラリに入っている曲は25000曲以下らしい。それはiTunesStoreからダウンロードした曲は含まれないとのこと。25000曲を超えているとこのようなエラーが返ってくるようです。

CDを取り込んでiTunesで管理してる人は、25000曲(CDで約2500枚)くらいは楽勝で超えてる人が多いような気もしますけどね。超えてる人はご注意ください。

256kの高音質にかわる!?

CDを取り込んだ古い曲で低音質の場合は、iTunesMatch上でその曲が一致した場合は「256Kbps AAC DRMフリー」にかわることもあるらしい。

「Amazonで低音質の曲を買いまくって、iTunesMatchで高音質にしてもらう」と考えている強者もいるようだけど、これって可能なんだろうかね。

しかしこれはうれしいサービスだね。

CDでiTunesに取り込んでる人向けのサービス

このツイートがすべてを物語ってる。iTunesStoreで曲を買ってダウンロードしている人にはほぼ関係ないサービスです。

僕も1台iTunes専用にしてるマシンがあって、それには数万曲を入れていた。それをiTuneMatch化させようかと考えてます。しかし年間3,980円が少し高い気がしなくもないなぁ。

iTunesMatchは、ご自分の環境や利用状況を考えて使った方は良さそうです。


  • ▼本州の端っこのド田舎で、サイトを作ったり、色んなデザインしたり、映像作ったりのお仕事をしちょります。比較的真面目な前のブログはこちらから。

    ▼Twitterアカウントから「ブルマン」と呼ばれ→前ブログ「ブルマンぶるぶる」と命名→このブログが「BMBB.JP」になりました。(わかりづらい)

    ▼ブログの内容はあっちこっちに飛びます。誤字脱字、乱文など多発すると思いますが、長い目で育ててやってください。


    follow us in feedly
  • [showrss]
PAGE TOP ↑