[WordPress] 同じ文章を複数ページに表示できるプラグイン「Post Snippets」

wordpress
ブログサイトで同じ文章を複数の投稿ページに表示させたいときってありませんか?対戦成績など記事を投稿した時点ではまだわからない内容や、お店の記事を何本も書いて統一のお店情報を載せたい場合など。そして投稿した後からも変更したい場合などがあります。全部をコピペし直して投稿し直すのもかなりめんどくさい。

WordPressのプラグインがないかと探しましたが、そんなニーズがあまりないんでしょうか。なかなか情報がのってなかったんですよね。そこで見つけたプラグイン「Post Snippets」を備忘録で書いておきます。

プラグインをインストール

プラグインの新規追加から「Post Snippets」を検索するか、下記からインストールしてください。

→ WordPress › Post Snippets « WordPress Plugins

設定方法

20130303_1

▲「Post Snippets」設定画面

プラグインの設定画面の「Add New Snippet」から新しいコードを作ります。

20130303_2

▲管理画面

「Post Snippets」の管理画面から新規追加していきます。

まず(1)にタイトル名(実際には表示しません)を入力、(2)「Shortcode」にチェックを入れる、(3)表示させたいコードを入力、(4)「Description」は後から自分で確認しやすいように説明文を入力。

以上を入力して(5)「Update Snippets」をクリック。

投稿の際の利用法

20130303_3

▲投稿画面

新規投稿で「Post Snippets」のボタンが登場しています。それをクリックすると、上記のように表示してくれます。上がタイトル名、下がDescription。下段の「Insert」をクリックすると。

20130303_4

▲新規投稿にショートコードが表示

先ほど入れたショートコードが投稿されます。それをプレビューでテストすると。

20130303_5

▲投稿プレビュー画面

きちんと表示してくれてます。

文字だけだとこのように表示されるので、コードをきちんと書きましょう。また「PHP Code」にチェックを入れると、PHPのコードも使えるようになるようです。

定型文の管理などのプラグインはかなりありますが、これほど自由度が高いプラグインは他にありませんね。WordPressでブログを作る際に初めからこのプラグインを入れておけば、後々便利だなぁと後悔してしまう。とても便利なプラグインでした。


  • ▼本州の端っこのド田舎で、サイトを作ったり、色んなデザインしたり、映像作ったりのお仕事をしちょります。比較的真面目な前のブログはこちらから。

    ▼Twitterアカウントから「ブルマン」と呼ばれ→前ブログ「ブルマンぶるぶる」と命名→このブログが「BMBB.JP」になりました。(わかりづらい)

    ▼ブログの内容はあっちこっちに飛びます。誤字脱字、乱文など多発すると思いますが、長い目で育ててやってください。


    follow us in feedly
  • [showrss]
PAGE TOP ↑